メニュー

超音波霧化ユニット(加湿・微粒化) JMUシリーズ

この商品は、当社が販売する超音波霧化器JMシリーズの霧化ユニット部分です。
大学・研究機関などの実験・機器組込用として、ご利用下さい。

霧化ユニット番号の説明
霧化ユニット番号の説明

JMU・・・シリーズ名(JMシリーズのユニット)

■周波数
24:中心周波数 2.4MHz
30:中心周波数 3.0MHz

■構造
A:真上タイプ

■素材(主に表面処理方法)
0:樹脂コーティング(次亜塩素酸除菌水対応 50ppm/弱酸性~中性)

■Ver.(基板や付属品などの改定番号)
1:2021年09月発売

超音波霧化ユニット販売に関して(加湿・微粒化)

本多電子グループの超音波霧化ユニットは、「超音波霧化技術を使って空間に虹を出したい!」というロマン(レインボープロジェクト)からスタートしています。
水を微粒化し空間に噴霧するため、自社開発の超音波霧化装置組込用として開発されたユニットが超音波霧化ユニットになります。

レインボープロジェクト
レインボープロジェクト

特注装置を依頼される企業や、大学の研究部門から、霧を作り出す微粒化ユニットだけを販売して欲しいと要望があり、H10年(1998年)8月1日にユニットだけの外販を開始しました。
1個から購入でき、試作・実験が出来る為、長年、各方面でご利用頂いています。

しかし電子部品の統廃合や入手状況の悪化、市場の減少など様々な要因により、現在販売しているHMCシリーズを製造していく事が難しくなりました。
撤退も検討されましたが、グループ会社である当社(エコーテック)が販売している超音波霧化器JMシリーズと共通化することで、超音波霧化ユニットの販売を継続していきます。
■HMCシリーズとの違い
・電流値が下がります。
・霧化能力が減少します。
・発振回路部品がチップ化になりました
・取り付けネジが、M3,M4対応からM3のみとなります。
・振動子斜めタイプが無くなります。
尚、本製品は本多電子では販売しない為、当社からの直接販売のみとなります。

超音波霧化ユニットとは

 超音波霧化ユニットとは、液体に高周波の超音波を与えることで、水の分子が加速し水柱が立ち上がります。水柱の先端付近で耐え切れなくなった液体が微粒化し霧状になります。この現象を利用して、液体を微粒化する装置に組み込むことを想定した超音波振動子と振動子を駆動する発振器をセットした商品です。
※霧が出来る瞬間の写真は、本多電子サイト内をご覧下さい。
 超音波ハンドブック 加湿・薬液噴霧

ミスト発生装置例
ミスト発生装置例

※霧を発生させる超音波霧化器をお求めの方はこちら
■超音波霧化ユニット JMU-24A01構成品

超音波霧化ユニット JMU-24A0 構成品
超音波霧化ユニット JMU-24A01 構成品

・超音波振動子+パッキン+振動子おさえ(写真左側)
・発振基板(写真中央前)
・2.4MHzホーン(写真中央後)
・電源コード(赤黒)、フロート用コード(青青)(写真右側)

超音波霧化ユニット 2.4MHz/3.0MHz

本製品は、当社が販売する超音波霧化器JMシリーズの霧化ユニットを販売しています。
今回、ユニット販売をするにあたり、特注対応していた3.0MHzをラインナップに入れました。
霧化粒子径を測定した結果、従来品(2.4MHz)よりも細かい粒が出ている事が下記グラフからわかります。
※本多電子が販売を行っていた、HMシリーズ(HM1630/HM2412/HM2412C)、HMCシリーズ(HM-2400/HM-2401)とは類似性はありますが、霧化量が少ないため互換性はありません。
従来品(HM-2400/HM-2401)をご利用のお客様は、2022年8月31日が最終注文日となっていますので、最終ロットのご手配をお願い致します。
※超音波霧化器JMシリーズの変更に伴い、仕様・外観が予告なく変更する可能性があります。

霧化粒子径
周波数別霧化粒子径(当社JM-200ケースに組込測定)

※当社超音波霧化器JM-200ケースに入れ、ユニットを変えた時の、粒子径をプロットしたグラフになります。詳細の測定データに関しては外部提供しておりませんが、周波数により粒子径が変わる事がこのグラフからわかります。

2.4MHz 品番:JMU-24A01

上代:税別 14,800円(税込 16,280円)
公称発振周波数:2.4MHz
電源入力:DC24V
消費電力:12VA
霧化能力(参考値)(※1)
・約80ml/h(通常時)
・約250ml/h(ホーン取付時)
(※1)
 霧化能力は参考値であって、当社が保証するものではありません。
 本製品は個体差があり、霧化能力が均一ではございません。
 お使いの水槽形状、液剤の種類、液剤の使用液温によって霧化能力が増減します。
 霧化能力は必ずお客様側でご確認下さい。
適正水位:
・振動子ー水面間 36mm±5mm(通常時)
・振動子-水面間 43mm±5mm(ホーン取付時)
中心霧化粒子径:3μm以下
使用温度範囲(※2):5℃~35℃(結露しないこと)
(※2)
 使用温度範囲は、性能を保証するものではありません。
 液剤を凍結させると振動子が空焚になったり、氷が振動子を押し割り破損します。
回路冷却方式:強制冷却
寸法:基板・放熱板:幅38mm×奥行30mm×高さ36±3mm
構成品:
・発振回路基板(質量:約10g)
・JMU-24A01振動子ASSY(質量:約9g)
・電源束線(質量:約3g)
・フロートスイッチ束線(質量:約3g)
・ホーン(質量:約2g)

※振動子面は水平になっており、真上に水柱が立ち上がります。
★JMU-24A01 取扱説明書PDFJMU24A01_202106版取説

3.0MHz 品番:JMU-30A01

JMU-30A0 写真
JMU-30A01 写真

上代:税別 16,800円(税込 18,480円)
公称発振周波数:3.0MHz
電源入力:DC24V
消費電力:14VA
霧化能力(参考値)(※1)
・約60ml/h(通常時)
・約220ml/h(ホーン取付時)
(※1)
 霧化能力は参考値であって、当社が保証するものではありません。
 本製品は個体差があり、霧化能力が均一ではございません。
 お使いの水槽形状、液剤の種類、液剤の使用液温によって霧化能力が増減します。
 霧化能力は必ずお客様側でご確認下さい。
適正水位:
・振動子ー水面間 44mm±5mm(通常時)
・振動子-水面間 42mm±5mm(ホーン取付時)
中心霧化粒子径:2.8μm以下
使用温度範囲(※2):5℃~35℃(結露しないこと)
(※2)
 使用温度範囲は、性能を保証するものではありません。
 液剤を凍結させると振動子が空焚になったり、氷が振動子を押し割り破損します。
回路冷却方式:強制冷却
寸法:基板・放熱板:幅38mm×奥行30mm×高さ36±3mm
構成品:
・発振回路基板(質量:約10g)
・JMU-30A01振動子ASSY(質量:約9g)
・電源束線(質量:約3g)
・フロートスイッチ束線(質量:約3g)
・ホーン(質量:約2g)

※振動子面は水平になっており、真上に水柱が立ち上がります。

★JMU-30A01 取扱説明書PDF JMU30A01_202106t取説

取付寸法図
取付寸法図

■振動子の取り付け方法動画

超音波霧化ユニットJMUシリーズ供給体制

自社の製造能力に限りがあり、数千枚/月を超えるロットには対応出来ません。
条件があえば、超音波霧化器、超音波加湿器、超音波噴霧器など液剤を霧にする事を目的とした競合製品を製造している企業様にも供給をしております。

2021年9月 量産試作品テスト販売
2021年12月 量産開始
※多少は在庫を保有していますが、素子の材料が無い場合は、納期4.5ヶ月かかります。
 現在、電子部品入手困難なため半年以上かかる場合もございます。
 早めにご手配下さい。

超音波霧化ユニットJMUシリーズ販売体制

長年、グループ会社 本多電子(株)産業機器事業部が窓口になっていましたが、超音波霧化器JMシリーズを展開している当社に窓口を一本化します。
本多電子の商流では取り扱いをしない為、当社及び当社取引先経由での供給となります。
当社では入金確認後発送又は代引きでの出荷のみとなっており、掛け売りを行っていません。
掛け売りを希望される方は、下記商社までご相談下さい。

計測器・理化学機器専門の通販サイト テックジャム

■下記、買い物かごから購入可能です。

新発売 本多電子 日本製 超音波霧化ユニット JMU-24A01
商品コード : jmu24a01
16,280円(税込)
新発売 本多電子 日本製 超音波霧化ユニット JMU-30A01
商品コード : jmu30a01
18,480円(税込)

ページ修正更新情報

2021/09/14 公開
2021/09/28 取り付け動画を追記

関連情報

関連するブログ

ユーザー名 ※8文字以上16文字以内

半角英数
パスワード ※8文字以上

半角英数
お問い合わせはこちらから