ホビー用超音波カッター開発史

ホビー市場向け超音波カッターがどう誕生し、どう歩んできたか。 ここではその歴史を紹介します。


・廉価版のZO-40L発売

・10月
 「東京プラモデルラジコンショー」出展。
 超音波カッターZO-80を発表、発売開始

豊橋工専高校模型部(通称もけ部)始動

・ジャパンエキスポ in フランス出展

・海外向けにZO-91発売

・三遠ネオフェニックス協賛

・プラスチック成型現場向け
 プラスコムモデル ZO-334Plas発売

・TAF回路搭載 自動可変機能2モード搭載
 超音波カッターZO-41発売

キリカプロジェクトスタート

・超音波刻印器 → 生産終了。
 現在は、四角錐で対応。
・超音波ノコギリ → 生産終了。
 現在は、ノコ刃で対応。

CLIcK!

・溶けを減らしたプラモデル市場向け
 超音波カッターZO-40発売

・版画彫刻市場向け
 超音波彫刻刀USW-334ek発売

・超音波彫刻刀→平刃は1㎜で対応。
 ※現在も発売中

CLIcK!

・自動車業界(LED加工)向け
 ごんた屋モデル R31-GONTA発売

・迷彩カラーの超音波カッター発売

CLIcK!

・土居先生モデル 超音波カッター
 USW-334DO発売

CLIcK!

・刃のローコスト化に成功。

・ホビー用超音波カッターUSW-334発売開始

CLIcK!

・ホビー用超音波カッターUSW-333登場

CLIcK!

topへ