メニュー
エコーテック > エコーテックブログ > 超音波霧化器 > 超音波霧化ユニットHM-1630生産終了の流れに・・・

超音波霧化ユニットHM-1630生産終了の流れに・・・

超音波と魚探のUS-DOLPHINを運営するエコーテック三浦宏樹です。

9月決算な当社。色々なものの見直しが入ります。
人事異動もそろそろ最終調整となって来ますが、来期計画を色々と思案させてもらっているので私の異動はどうやらなさそうかな?と思っています。

まぁ、豊橋工専高校模型部(もけ部)の立ち上げをやっているので、動かしようが無いのかも知れないです。笑

かわいい4人の製作風景がTシャツになりました!豊橋工専高校模型部(もけ部)Tシャツ

人だけでなく、製品の見直しという事もこういった切替時期に話題にあがってきます。
(来期の行動計画でどの機種を何台販売するのか?という事でより明確になるのだと思います。)

ロングラン商品であっても年間台数が落ちてくると終息の検討になります。
使っている部品が終息となり同じ品質を保つための代用品検討の設計費用がまかなえないという理由や、昔のコストでは作れないということなど理由は様々です。
代用品があれば切替は早いのですが、無い場合は、お客様に迷惑もかかる。
でも、もうやめたらどうか・・・と何年も繰り返した結果ずるずるとしてしまうのが現状。
メーカーであれば製造終了後、数年は修理などの保守をしないといけないので、予測してパーツを用意しておかなければいけません。その負担もロングランで販売して時間が長くなればなるほど

候補にあがっているひとつに、超音波霧化ユニットHM-1630があります。
超音波霧化器ジアミストシリーズとして超音波霧化器を数機種展開していますが、中身のパーツだけ販売して欲しいということで、多くのメーカー様にバラバラにして出荷しています。

超音波振動子ユニットとしては、3機種あり、HM-1630は、そのうちの1つとなります。


終息対象商品(新規採用はおやめ下さい)超音波霧化ユニット(1.6MHz)HM-1630

大学の実験や霧を出したい方のための組み込み用ユニットとして に発売を開始しました。
当社の超音波霧化ユニットの販売の歴史は、H10年(1998年)に2.4MHzのHM2412を発売、その後、当時時代の流れであった1.6MHzのHM1630をH14年(2002年)に発売した流れがあります。


Jia-Mist超音波加湿器の心臓部。霧の実験、研究用 超音波霧化ユニット(2.4MHz)HM-2412(水のみ対応)

1998年(H10年)のHM2412発売時は、本多電子の産業機器事業部の販売推進をやっていたので新聞発表原稿を含め、当時の各営業担当の資料が残っているのですが、2002年(H14年)のHM-1630発売時にはエコーテックに異動していたため、当時の資料を持っていない事がわかりました。
分散している社内資料を継承して行くためにもまとめておかないといけないと思う良いきっかけとなりました。

話は戻してHM-1630ですが、現在の在庫は140台程度。
たぶんこの台数で終了となります。
現在、新規採用での装置組み込みはご遠慮願いますというのを記載していますが、近日中には生産終了品として販売を停止する流れになると思われます。
引き続き、HM-2412及びHM-2412Cは、販売をしますので、霧化実験などに関しましては、こちらをご購入下さい。

Jia-Mist 次亜塩素酸濃度50ppm対応の霧化ユニットです。超音波霧化ユニット(2.4MHz)HM-2412C

ジアミストは当社登録商標です。
もけ部は当社出願中商標です。

#もけ部
#ジアミスト
#霧化ユニット

※現在、他メーカー様も「ジアミスト」名での販売をしておりますが当社とは無関係です。

投稿者プロフィール

三浦宏樹
三浦宏樹
エコーテックの新市場開拓担当。
ネットショップ運営でお客様と直に向き合いながら、超音波カッター・超音波霧化器の全国市場をつくっています。
熱く楽しく情報発信していきます!
ユーザー名 ※8文字以上16文字以内

半角英数
パスワード ※8文字以上

半角英数
お問い合わせはこちらから